栃木県理学療法士会・リハビリテーション・メディカルサポート・機能障害・回復・訓練・介護予防・デイサービス・通所・居宅介護

一般社団法人栃木県理学療法士会概要
《正式名称》 一般社団法人栃木県理学療法士会
《事務所所在地》 栃木県下野市薬師寺3311-1
自治医科大学付属病院リハビリテーションセンター内
《設立年月日》 平成21年9月1日
《代表者の職名および氏名》 会長 大屋 晴嗣
《目的》 理学療法に関する事業を行い、栃木県内の医療・保健・福祉の発展に寄与することを目的とする。
《主な事業》 (1)理学療法の学術技能の向上に関する事業
(2)理学療法を通じて地域の医療・保健・福祉の発展に資する事業
(3)理学療法士の教育の向上に資する事業
(4)理学療法士の社会的地位の向上に資する事業
(5)理学療法の啓蒙に関する事業
(6)行政機関・医療関係機関との連携に関する事業
(7)その他当法人の目的を達成するために必要な事業
《会員数》 正会員:1,049名(平成28年3月現在 休会者含)
栃木県理学療法士会沿革
1969年(昭和44年) 12月6日 栃木県理学療法士会設立 初代会長:片岡 誠
1971年(昭和46年) 第2代会長:松村嘉綱
1979年(昭和54年) 士会ニュース創刊号発行
1980年(昭和55年) 第3代会長:谷岡 淳
第6回関東ブロック理学療法士研修会開催
テーマ:理学療法に於けるリスク管理 研修会長:松村嘉綱
1989年(平成元年) 第8回関東甲信越ブロック理学療法士学会開催
テーマ:老化-加齢のもたらす諸因子 学会長:谷岡 淳
1991年(平成3年) 第1回栃木県PTOTミニミニ学会開催(栃木県作業療法士会合同開催)
学会長:谷岡 淳
1996年(平成8年) 第4代会長:金子 操
1998年(平成10年) 第1回栃木リハビリテーション・フォーラム開催
第1回栃木理学療法士会学術集会開催
1999年(平成11年) 第18回関東甲信越ブロック理学療法士学会開催
テーマ:関節・軟部組織の理学療法 学会長:金子 操
2003年(平成15年) 第38回日本理学療法士協会全国研修会開催
テーマ:理学療法の資質-人間性・知識・技術- 研修会長:金子 操
2008年(平成20年) 第27回関東甲信越ブロック理学療法士学会開催(第10回ACPT学会同時開催)
テーマ:「温故知新」~歴史に学ぶ現代理学療法~ 学会長:加藤祝也
2009年(平成21年) 9月1日 一般社団法人格取得
2015年(平成27年) 第5代会長:大屋 晴嗣
会員数の推移
1969年 1975年 1980年 1985年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 2011年 2012年
8名 15名 36名 39名 52名 97名 218名 408名 675名 729名 800名

TOPへ戻る